eo光は、インターネット接続だけでなく、固定電話のeo光電話やテレビサービスのeo光テレビも提供しています。

割安なeo光の月額料金

戸建向けのeo光ホームタイプ

eo光のホームタイプは、戸建住宅を対象としたプランです。1Gコースと100Mコースがありますが、料金の差額は300円以下しかありません。
1Gコースのみ12ヶ月間のキャンペーン割引も適用されるので、これから新規に申し込みするなら、1Gコースでしょう。

2~12ヶ月目
13ヶ月目~
1Gコース
2,953円
4,953円
100Mコース
4,667円
4,667円

集合住宅向けのeo光メゾンタイプ

eo光のメゾンタイプは、集合住宅向けのプランですが、ホームタイプと同じ料金です。建物全体で1本の光回線を共有するマンションタイプとは違い、申込みごとに光回線を直接引き込むのがメゾンタイプです。

サービスの仕様的には、ホームタイプと同じなので、月額料金やキャンペーンもホームタイプとおなじです。
2~12ヶ月目
13ヶ月目~
1Gコース
2,953円
4,953円
100Mコース
4,667円
4,667円

集合住宅向けのeo光マンションタイプ

eo光ネットのマンションタイプは、光回線を建物内で共用するプランです。マンション内の配線方式は、VDSL方式、VDSL-S方式、イーサネット方式、光配線方式の4つがあります。

マンション内の通信方式と建物の規模で料金が決まるため、建物によって料金が違います。もっとも標準的な、eo光マンションタイプ(VDSL接続)の料金は下記のとおりです。

開通から12ヶ月間は、キャンペーンで1000円引きになります。

2~12ヶ月目
13ヶ月目~
VDSL接続(モデムレンタル込)
2,524円
3,524円

eo光で選べるプロバイダ

eo光のプロバイダは「eo光」のみです。IPアドレスの割り当てや、メールアドレスの発行など、インターネットへの接続を担うのがプロバイダーの役割です。

eo光は、光ファイバーとプロバイダーが一体になっているサービスです。プロバイダーの機能までeo光のサービスに含まれているため、プロバイダはeo光ということになります。

eo光はプロバイダー料金がいらない

よく、eo光はプロバイダー不要と言われますが、プロバイダーの機能がないわけではありません。eo光の申込みだけでインターネット接続ができるはもちろんですが、eo光からメールアドレスも提供されますし。

プロバイダ機能も、eo光の基本サービスに含まれているので、「別途の契約や費用の支払いがいらない」と理解するのが間違いないでしょう。

プロバイダーまで一体のメリットは多い

eo光のように、回線事業者とプロバイダを同じ会社が提供しているサービスの最大のメリットは、スピーディーな対応が期待できるということです。

回線事業者とプロバイダが別会社だと、ネットワークの増強は、それぞれの会社が独自に計画を立てて実施していくことになってしまいます。何をするにも、情報交換をして調整しながら進める必要があるので、時間がかかってしまうのは仕方ありません。

たとえば、特定の県で急激に新規契約者が増えて、ネットワークが混雑し始めた場合、プロバイダと回線事業者が別々だと、まずは増設計画の打ち合わせからはじまりますが、回線事業者がプロバイダ機能を提供していれば、すぐに手を打つことができます。

同じことは、ネットワークの増強だけではなく、日常のサポートや障害対応にも言えます。eo光のように、光回線とプロバイダを一体提供してくれるサービスは、何かとメリットがあります。

好きなプロバイダーを選ぶことはできない

eo光はプロバイダまで一体提供されるため、他のプロバイダを選ぶということができないというデメリットがあります。

メールアドレスやブログサービスなどをそのまま使いたいなどの理由で、現在のプロバイダを使い続けたい場合があると思います。多くのプロバイダで、メールアドレスなどを使いつづけられる、安価なプランが用意されています。

今のプロバイダーから発行されたメールアドレスなどを使い続けたい場合には、月数百円の料金ですが、eo光の料金とは別に必要になることを頭に入れておきましょう。

eo光の解約方法

解約の前に解約精算金の額を確認

eo光は、解約のときに費用がかかります。最低利用期間内に解約した場合にかかるのが、解約精算金です。通常、eo光の最低利用期間は、開通の翌月から1年間で、割引サービスの即割を利用している場合は、開通の翌月から2年間になります。

2018年4月1日までの申込みと、それ以降で、解約清算金の金額が変更されています。

2018年4月1日までの申込の場合、即割なしで1年以内に解約すると27,000円、即割ありの場合は1年以内の解約で28,704円、2年目の解約で14,064円かかります。

2018年4月2日以降にeo光を申込みした場合は、1年以内に解約すると12,000円、即割ありの場合は2年目の解約で6,000円がかかります。

開通日や契約の詳細がわからない場合は、解約清算金がいくら掛かるかを、事前にeo光に問い合わせて、確認しておきましょう。

eo光のホームタイプは回線の撤去費用がかかります

eo光のホームプランを解約する場合、回線撤去の費用がかかります。撤去費用は、電柱から建物への引き込み線を撤去する費用で、10,000円です。

解約時に、回線終端装置のみを撤去して、引き込み線を撤去しない方法もあります。この場合は、撤去費用はかかりませんが、回線を残しておくことについて、建物所有者の了承が必要です。

解約の手配はeoサポートダイヤルへの電話連絡が必要

eo光の解約は、eoサポートダイヤルへの電話連絡が必要です。解約の手続自体は、電話で終了し、問題なく受け付けられると、確認のために解約受付書が郵送されてきます。

電話での解約とは別に、光回線の撤去工事を行う必要があり、工事当日は作業立会いが必要です。eo光から撤去工事の日程を調整する電話がかかってくるので、立ち会いが可能な日を調整しましょう。

撤去の当日は、作業員が回線終端装置や引込線の撤去工事を行います。作業には最低でも1時間はかかりますので、余裕をもったスケジュールを組んでおきましょう。

eo光の利用可能エリア

eo光は、関西電力グループの通信会社「ケイ・オプティコム」が提供している光回線インターネットサービスです。関西電力の電柱ネットワークを利用して、サービスを提供しているため、eo光のサービスも関西エリアが対象です。

    大阪府
    兵庫県
    京都府
    奈良県
    和歌山県
    滋賀県
    福井県