eo光テレビとは

eo光テレビは、光ファイバーを使って放送されているテレビサービスです。eo光ネットやeo光電話と同じ光ファイバーを通じて、テレビの信号を受信する仕組みです。

eo光ネットと同じ光ファイバーを利用しますが、インターネット回線とはまったく別の信号を利用しているため、インターネットの利用がテレビの画質に影響を及ぼしたり、テレビを視聴することでインターネットが遅くなるような心配は一切ありません。

eo光テレビのコースと料金

eo光テレビには、4つのコースがあります。

地上デジタル放送とBSデジタル放送を受信できる「地デジ・BSコース」の他、受信できるCSデジタル放送のチャンネル数により「スマートプレミアム」「スマートベーシック」「スマートコンパクト」から選べます。

eo光テレビ単独の料金も設定されていますが、月額料金が割引になるeo光ネットとのセット契約が一般的です。

スマートプレミアム(84ch)

スマートプレミアムは 専門チャンネルなど eo光テレビ最大の 84チャンネル が視聴できるコースです。

単独サービスの場合
月額料金 6,100円
eo光ネットとセットの場合
[eo光ネットの月額料金]プラス4,300円

スマートベーシック(50ch)

スマートベーシックは、映画やスポーツ、アニメなどをバランスよく組み合わせた 50チャンネルが視聴できるコースです。

単独サービスの場合
月額料金 4,800円
eo光ネットとセットの場合
[eo光ネットの月額料金]プラス3,000円

スマートコンパクト(23ch)

スマートコンパクトは、好きなCS番組を追加で組み合わせることができる基本のコースです。

単独サービスの場合
月額料金 3,515円
eo光ネットとセットの場合
[eo光ネットの月額料金]プラス1,715円

地デジ・BSコース(19ch)

地デジ・BSコースは、地上デジタル放送とBSデジタルを視聴できる基本のコースです。

単独サービスの場合
月額料金 3,039円
eo光ネットとセットの場合
[eo光ネットの月額料金]プラス1,239円

eo光テレビの工事費用

eo光ネットまたはeo光電話とセットで申し込みした場合、eo光テレビの標準工事費と加入契約料が無料になります。標準工事費には、今のテレビ配線からアンテナを切り離して、eo光テレビにつなぎ替える工事の費用が含まれています。

eo光テレビで受信できる地上デジタル・BSデジタル放送

eo光テレビで受信できる地上デジタル放送

契約地域を対象に放送されている地上デジタル放送を、eo光テレビで受信することができます。

NHK総合
NHK Eテレ
MBSテレビ
ABCテレビ
カンテレ
読売テレビ
サンテレビ※
びわ湖放送※
KBS京都※
テレビ和歌山※
テレビ大阪※
奈良テレビ※

※地域により受信できない場合がある放送です。

eo光テレビで見られるBSデジタル放送

eo光テレビは、BSアンテナ不要でBSデジタル放送を受信できます。

NHK BS1
NHK BSプレミアム
BS日テレ
BS朝日
BS-TBS
BSテレ東
BSフジ
BS11 イレブン
BS12 トゥエルビ
放送大学BSキャンパス
Dlife(ディーライフ)
テレビ大阪やサンテレビも視聴できる

テレビ大阪やサンテレビは、他の局とは送信所の場所が違うため、受信には専用のアンテナが必要なエリアがあります。eo光テレビならアンテナが必要ないため、テレビ大阪やサンテレビも見ることができます。

eo光チューナーが利用できます

スマートベーシック、スマートプレミアム、スマートコンパクト のコースを契約する場合、専用チューナーのeo光チューナーが必要です。
eo光チューナーは使いやすい国内メーカー製で、1台無料でレンタルされます。

無料レンタルされるeo光チューナー以外にも、ハードディスクレコーダー機能を搭載したモデルや、4K対応モデル、ブルーレイ対応モデルなどの上位機種も、オプション料金を支払うとレンタルすることが可能です。

なお、標準のeo光チューナーに、市販のUSBハードディスクを接続すれば、録画することも可能ですので、録画だけなら標準のeo光チューナーで十分です。

eo光テレビのメリット

アンテナがいらない

eo光テレビなら、地デジアンテナやBS/CSアンテナがいらなくなります。自宅の屋根がスッキリするだけでなく、アンテナの定期的な交換が必要なくなります。

テレビの受信が安定する

テレビの信号も光ファイバーを通じて送られてくるため、安定して受信することができます。強風や大雨、落雷などで受信状態が変化することがありません。

タブレットやパソコンでも無料でCSチャンネルが見られる

契約プランが、スマートプレミアム・スマートベーシックなら、VODサービスのeoオンデマンドを無料で利用できます。CSチャンネルの見逃し配信や、見たい映画や音楽番組などを、外出先でもパソコンやスマートフォンで視聴することができます。

eo光テレビのデメリット

eo光テレビチューナーが必要

eo光テレビでCSデジタル放送を受信するには、専用のeo光テレビチューナーが必要です。標準チューナーは1台無料で利用できますが、2台目以降は有料レンタルになります。また、HDDレコーダー搭載のチューナーや4K対応チューナーをレンタルするには追加料金が必要です。

長い目で見るとアンテナのほうが安い

eo光テレビで地上デジタル放送とBSデジタル放送だけ受信する場合でも、毎月のeo光テレビ料金が必要です。テレビアンテナは工事費用がかかりますが、1度設置すれば10年以上利用できます。

毎月の料金を考えると、地上デジタル放送を受信するだけなら、コスト面ではアンテナを設置したほうが安くなります。

撤去工事費用がかかる

eo光テレビを解約する場合、自宅内のテレビ配線をeo光から切り離す工事と、電柱から引き込んだ光ファイバーを撤去する工事の費用として、17,000円の撤去費用がかかります。

アンテナが残っている場合には、eo光テレビからアンテナへつなぎ直す工事が含まれていますが、アンテナが撤去されている場合は、切り離しのみとなります。